メニュー

この年代は事故を起こす確率が一番大きい!

免許を取り立てで、まだ運転に慣れていないこの時期は、事故を起こす確率が他の年齢と比べると圧倒的に多いです。

年齢別の事故件数グラフ
※免許保有者1万人あたり。

保険会社もそれを踏まえ、この時期の保険料はかなり高く設定しています。
私の試算では安くても約12万、高いところでは年間20万円を超えることもあります。

この時期に心がけることは、

・まずは安全運転を心掛ける
・補償内容を見直す
・親の等級を引き継げる場合は検討を!


この3点です。

まずは安全運転を心掛ける!

この時期は、まだ等級が低い人が多いと思います。

今もし保険を起こす事故を起こしてしまえば、一気に3等級もダウンしてしまいます。
2012年からは、「事故を起こした人は、起こしてない人と別の割引率を適用する」などという新たな方針も出てきています。

もし等級が6等級→3等級に下がったときの保険料の差はかなり大きいものです。
(6等級は17%割引なのに対して、3等級は10%割増です)

保険料を安くするためにまず大切なことは、等級を上げるということですから、安全運転を常に心がけましょう!

補償内容の見直し

もしも今対物保険と車両保険に入っているのなら、「免責金額」を見直してみましょう

免責金額とは、事故があったときの自己負担金のことです。

免責0-10万円、免責5-10万円など保険会社により種類があります。
※詳しくは→免責ってなに?

少しでも保険料を安くするためには、この免責金額を設定してみましょう!
また、車両保険のカバー範囲を「一般」から「限定補償(エコノミー)」に変えることでも保険料は安くなります。

カバー範囲の設定・免責金額の設定でこんなに安くなる!

親の等級を引き継げる場合は検討を!

実家に車がすでにもう1台あり、親が保険に入っているとします。
その親が等級が高い場合、その等級を自分が引き継ぐことが可能です。(同居している場合に限る)

親の等級は6等級に下がってしまいますが、トータル的に家庭の自動車保険料として考えると安くなる場合があります。
(若い+等級低い=保険料が高い!ので。)


(20等級)
子ども21歳
(6等級)
60,000円 150,000円
★合計21万円/年間★


その家庭によるため、どちらの場合が得か試算してみましょう!


(6等級)
子ども21歳
(20等級)
90,000円 100,000円
★合計19万円/年間★

自分にとって一番安い自動車保険を探す方法 

自動車保険の一括見積りで保険料が57,390円→32,300円に!
25,090円も安くなりました

自動車保険料の一括見積りサービスのなかでも優秀なのが、「保険スクエアbang!」です。
大手損保複数社からの見積りがリアルタイムで表示されます。



利用者数310万人以上と安心の実績があり、見積りは満期日の119日前(約4カ月前)から可能!

もちろん見積りは無料です。我が家もここで自動車保険料が25,090円も安くなりました!
無料一括見積りはここからできます。
我が家の自動車保険一括見積り体験談はこちら


初めて自動車保険に入る時 ← 前の記事 | 次の記事 → 21歳になったら?

このページの上へ

 自動車保険がこうして安くなった!一括見積り体験談
自動車保険を少しでも安くするために!こんな人は安くなります◎
自動車保険選びの際にチェックしておきたいポイント
主婦のきびし~い目線で各自動車保険会社を徹底比較しました
安い自動車保険選びのために、「知る」!
自動車保険コラム
運営者情報
自動車保険を少しでも安くするために!こんな人は安くなります◎
自動車保険選びの際にチェックしておきたいポイント
主婦のきびし~い目線で各自動車保険会社を徹底比較しました
安い自動車保険選びのために、「知る」!
自動車保険コラム
運営者情報