メニュー

軽自動車の自動車保険料は、いったいどのくらい??


軽自動車は、税金面での優遇などによる維持費の安さから、とても人気がありますよね。私も実は軽自動車が欲しい主婦のうちのひとりです^^;
全自動車のうち半分以上が軽自動車という県も日本は数多くあるので、の自動車保険はどこが一番良いんだろう?と考える人もとっっても多いと思います。

このページでは、軽自動車人気ランキング1~3位である、
「ダイハツ・タント」「ダイハツ・ムーヴ」「スズキ・ワゴンR」
の自動車保険料を、色々な条件で実際に見積りをして比較しています。

軽自動車の自動車保険選び&相場価格調べに、お役立て下さい^^

軽自動車の自動車保険料はいくら??~ダイハツ・タント Ver.

ダイハツ・タントの写真

☆契約条件☆
ダイハツ・タント 660 カスタムL(型式L375S)/買い物・レジャー使用/家族限定あり(主運転者父40歳、ゴールド免許)




------------------------------------------------------------------------
対人・対物(無制限)、搭乗者傷害保険(1,000万円)、人身傷害(なし)、自損事故(1,500万円)、無保険者障害(2億円)、車両保険(車対車+限定A)、車両保険金額(110万円)、免責(5-10万円)、車対車免ゼロ(あり)

(単位:円 年間自動車保険料)2011.7.20現在
年齢は家族の中で一番若い人の年齢に合わせて設定(あくまで例なので参考程度にご覧下さい<m(__)m>)

その1 A社

4等級 6等級 10等級 15等級 20等級
年齢制限なし
(18~20歳)
79,000 65,280 49,280 42,000 35,070
21~25歳 55,770 46,060 34,730 29,580 24,680
26~29歳 45,970 37,960 28,600 24,340 20,300
30歳~ 47,020 38,810 29,250 24,890 20,760

その2 E社

4等級 6等級 10等級 15等級 20等級
年齢制限なし
(18~20歳)
112,600 89,700 76,070 60,240 48,850
21~25歳 65,480 53,050 45,650 37,070 30,880
26~29歳 55,400 45,210 39,150 32,100 27,060
30歳~ 51,720 42,360 36,770 30,290 25,650

軽自動車とはいえ、事故歴のある4等級になると保険料は高いですね。
また、他の等級についても「軽自動車だから物凄い自動車保険料が安い!!」とはあまり感じませんでしたが、やはり普通自動車に比べると安いですよね。5千円~最大1万円位安いかなー?と思いました。

上記例を見ても分かるように会社によってだいぶ同条件でも料金には開きがあります。少しでも安い自動車保険を選ぶには、複数の自動車保険会社へ見積りを出すのが一番ということが分かります。

軽自動車の自動車保険料はいくら??~ダイハツ・ムーヴ Ver.

ダイハツ・ムーヴの写真

☆契約条件☆
ダイハツ・ムーヴ 660 カスタムL(型式L175S)/買い物・レジャー使用/家族限定あり(主運転者父40歳、ゴールド免許)



------------------------------------------------------------------------
対人・対物(無制限)、搭乗者傷害保険(1,000万円)、人身傷害(なし)、自損事故(1,500万円)、無保険者障害(2億円)、車両保険(車対車+限定A)、車両保険金額(100万円)、免責(5-10万円)、車対車免ゼロ(あり)

(単位:円 年間自動車保険料)2011.7.20現在
年齢は家族の中で一番若い人の年齢に合わせて設定(あくまで例なので参考程度にご覧下さい<m(__)m>)

その1 A社

4等級 6等級 10等級 15等級 20等級
年齢制限なし
(18~20歳)
82,510 75,580 55,070 43,810 34,700
21~25歳 58,260 53,350 35,300 30,860 24,410
26~29歳 48,020 43,980 29,060 25,400 20,080
30歳~ 49,110 44,970 29,730 26,000 20,530

その2 E社

4等級 6等級 10等級 15等級 20等級
年齢制限なし
(18~20歳)
111,770 95,250 75,530 59,830 48,530
21~25歳 65,010 56,050 45,350 36,840 30,710
26~29歳 55,020 47,670 38,900 31,910 26,910
30歳~ 51,360 44,610 36,530 30,210 25,510

タントと比べると、ムーヴの方が若干自動車保険料は高めのようですね(2011年7月現在)。
軽自動車を購入するときは、このように自動車保険料のことまで考えると、維持費の節約につながりますね!

軽自動車の自動車保険料はいくら??~スズキ・ワゴンR Ver.

スズキ・ワゴンRの写真

☆契約条件☆
スズキ・ワゴンR 660 スティングレーX(型式MH22S)/買い物・レジャー使用/家族限定あり(主運転者父40歳、ゴールド免許)



------------------------------------------------------------------------
対人・対物(無制限)、搭乗者傷害保険(1,000万円)、人身傷害(なし)、自損事故(1,500万円)、無保険者障害(2億円)、車両保険(車対車+限定A)、車両保険金額(100万円)、免責(5-10万円)、車対車免ゼロ(あり)

(単位:円 年間自動車保険料)2011.7.20現在
年齢は家族の中で一番若い人の年齢に合わせて設定(あくまで例なので参考程度にご覧下さい<m(__)m>)

その1 A社

4等級 6等級 10等級 15等級 20等級
年齢制限なし
(18~20歳)
82,510 75,580 55,070 43,810 34,700
21~25歳 58,260 53,350 35,300 30,860 24,410
26~29歳 48,020 43,980 29,060 25,400 20,080
30歳~ 49,110 44,970 29,730 26,000 20,530

その2 E社

4等級 6等級 10等級 15等級 20等級
年齢制限なし
(18~20歳)
111,770 95,250 75,530 59,830 48,530
21~25歳 65,010 56,050 45,350 36,840 30,710
26~29歳 55,020 47,670 38,900 31,910 26,910
30歳~ 51,360 44,610 36,530 30,210 25,510

なんとダイハツ・タントと全く同じ見積り料金でした。どうやらスズキのワゴンRと、ダイハツ・タントは、今年度は保険成績による料率が同一のようですね。(毎年変わるので注意)

軽自動車の自動車保険選びのポイント


ダイハツ・タント、ムーヴ、そしてスズキのワゴンRと自動車保険料を見てきましたが、ここで軽自動車ユーザーの自動車保険選びのポイントについて考えてみましょう。

まず、軽自動車は普通自動車と比べて、事故にあったときは車体のダメージが大きいと思います(一概には言えませんが・・・)。なので、私の考えとしては車両保険はつけたほうが良いと思うのです。

確かに車両保険もつけると、保険料は上がります。
下記はイーデザイン損保で、スズキ・ワゴンRを「車両保険なし」「車両保険:一般」「車両保険:車対車+A」で見積もった場合の自動車保険料金です。免責もそれぞれ設定してみました。

(家族限定/30歳以上補償/10等級/日常・レジャー使用/ゴールド免許/対人・対物 無制限/搭乗者傷害1,000万円/人身傷害なし/無保険車事故2億円/自損事故1,500万円)

車両保険なし 車両保険:一般 車両保険:エコノミー
30,100 免責0-0万円 51,350 免責0-0万円 40,950
免責0-10万円 48,730 免責0-10万円 39,480
免責5-5万円 43,630 免責5-5万円 36,640
免責5-10万円 43,450 免責5-10万円 36,530
免責10-10万円 40,100 免責10-10万円 34,670

車両保険を一切なしにすると、30,100円/年間の自動車保険料になります。

でもここでチョット考えてみると、年間で3万円という自動車保険料は確かに魅力的ですが、もしも事故が起こったときに自分の車が破損してしまったら??その修理代は実費で出さなくてはならなくなります。保険金は出ません。

自分の車を傷付けず、事故を起こす事ができる確率はかなり少ないと私は思います。

車両保険も種類があって、「一般」と「車対車+A」「エコノミー」があり保険会社により異なります。
今回上記の見積りをしたイーデザイン損保では、「一般」と「エコノミー」の2種類が選択できます。下記はその違いです。

車との衝突 盗難 火災・爆発・台風・洪水
高潮・落書き・いたずら
飛来中の物との接触
など
当て逃げ
単独事故
転覆・墜落
一般
エコノミー △※ ×

※エコノミーでは、車との衝突は相手の車・運転者または所有者が確認された場合のみの補償です。

このようにカバー範囲を限定することで、車両保険をつけた場合の自動車保険料合計を抑える事ができます。
さらに免責金額の設定をすることにより、もっと保険料を抑える事ができます。

免責とは、事故により車が破損したとき、自分が払うお金のことです。例えば免責0-10万円とは、1回目の事故は自己負担0円、2回目の事故は10万円自己負担する、という意味です。
契約期間が1年間だった場合、2回も事故を起こす確率は少ないと思うので、少しでも保険料を安く抑えるためには免責金額の設定をお薦めします。
(私は5-10万円で設定しています)

上記スズキのワゴンRの例でいくと、車両保険なしの場合は年間30,100円の保険料。そこに「車両保険:一般」「免責5-10万円」に設定した場合は43,450円。その差は13,350円。月にすると約1,112円です。

または「車両保険:エコノミー」「免責5-10万円」を設定した場合は年間36,530円。
車両保険なしとの差は6,430円で、月にすると約535円です。

この金額をケチるかケチらないかは、本当にその人次第だと思うのですが、軽自動車ということを踏まえると私的には車両保険なしは不安なんじゃないかな~、、と思います。

このように、車両保険についてはきちんとカバー範囲や免責金額のことも考え、例え安かろうと車両保険なしでホントに良いのか??ということを考えるべきだと思います。

自分にとって一番安い自動車保険を探す方法 

自動車保険の一括見積りで保険料が57,390円→32,300円に!
25,090円も安くなりました

自動車保険料の一括見積りサービスのなかでも優秀なのが、「保険スクエアbang!」です。
大手損保複数社からの見積りがリアルタイムで表示されます。



利用者数310万人以上と安心の実績があり、見積りは満期日の119日前(約4カ月前)から可能!

もちろん見積りは無料です。我が家もここで自動車保険料が25,090円も安くなりました!
無料一括見積りはここからできます。
我が家の自動車保険一括見積り体験談はこちら


年間走行距離が少ない人 ← 前の記事 | 次の記事 → 不特定の車に乗る人

このページの上へ

 自動車保険がこうして安くなった!一括見積り体験談
自動車保険を少しでも安くするために!こんな人は安くなります◎
自動車保険選びの際にチェックしておきたいポイント
主婦のきびし~い目線で各自動車保険会社を徹底比較しました
安い自動車保険選びのために、「知る」!
自動車保険コラム
運営者情報
自動車保険を少しでも安くするために!こんな人は安くなります◎
自動車保険選びの際にチェックしておきたいポイント
主婦のきびし~い目線で各自動車保険会社を徹底比較しました
安い自動車保険選びのために、「知る」!
自動車保険コラム
運営者情報