メニュー

車に乗らなくなったら、「中断」について考えてみよう


自動車保険の「中断」という制度を知っていますか?
この制度を使えば、再び契約することになったときに中断したときの等級がそのまま引き継いで使えるのです。

長年せっかく無事故を続け、等級が上がっていたのに
保険を解約してしまえば、次の契約では再度6等級からスタートになってしまいます。


○仕事で海外赴任することになった
○もう乗らなくなったけど、将来子どもが車に乗る事があるかも?
○妊娠中は乗らないけど、育児が落ち着いたらまた運転するかも?
○廃車、譲渡、売却、車検切れなどの場合
などなど・・・・

上記のように、一時的に車に乗らなくなるという場合に凄く便利な制度なので、上手に利用してみましょう。

▼中断制度が利用できる場合は?

中断の種類 理由など 中断可能期間
国内中断 車を長期間手放す場合 中断日の翌日から10年
妊娠中断 記名保険者の妊娠 中断日の翌日から3年
海外中断 記名保険者の海外渡航 出国時の翌日から10年

【国内中断が利用できる条件】

(1)解約する契約の満期日または、解約の日の時点で新たに契約したときの等級が7~20等級である。
(2)解約する契約の満期日、または解約日までに、
    ・廃車、譲渡、リース会社に車が返還されている
    ・盗難されている
    ・車検切れになっている
    ・別の契約に車両入替後の車として車両入替されていること
  上記が行われていて、確認種類の提出ができること。
(3)解約する契約の満期日または解約日の翌日から起算して13カ月以内に中断証明書発行の手続きをすること。

中断制度の有効期間と、中断後の手続きについて 

中断制度が利用できる期間は、上記表のとおり
国内・海外中断の場合は10年、妊娠が理由の中断の場合は3年となっています。

中断後の新契約の手続きについてですが、中断した日から10年以内、かつ新規車両の取得日の翌日から起算して1年以内となっています。
親切な代理店などだとこの中断の手続きの案内がある場合もありますが、最近流行りの通販型の自動車保険では、中断の制度について案内もれがあることも多いそうです。

もし自分が今は車に乗らないけど、いずれまた乗るとか、お子さんが使う可能性がある場合は、中断制度を利用した方が確実に得です。頭に入れておきましょう!

自分にとって一番安い自動車保険を探す方法 

自動車保険の一括見積りで保険料が57,390円→32,300円に!
25,090円も安くなりました

自動車保険料の一括見積りサービスのなかでも優秀なのが、「保険スクエアbang!」です。
大手損保複数社からの見積りがリアルタイムで表示されます。



利用者数310万人以上と安心の実績があり、見積りは満期日の119日前(約4カ月前)から可能!

もちろん見積りは無料です。我が家もここで自動車保険料が25,090円も安くなりました!
無料一括見積りはここからできます。
我が家の自動車保険一括見積り体験談はこちら


自動車保険の中途解約について ← 前の記事 | 次の記事 → 自動車保険の効力発生日

このページの上へ

 自動車保険がこうして安くなった!一括見積り体験談
自動車保険を少しでも安くするために!こんな人は安くなります◎
自動車保険選びの際にチェックしておきたいポイント
主婦のきびし~い目線で各自動車保険会社を徹底比較しました
安い自動車保険選びのために、「知る」!
自動車保険コラム
運営者情報
自動車保険を少しでも安くするために!こんな人は安くなります◎
自動車保険選びの際にチェックしておきたいポイント
主婦のきびし~い目線で各自動車保険会社を徹底比較しました
安い自動車保険選びのために、「知る」!
自動車保険コラム
運営者情報