メニュー

自動車保険の完全自由化によって何が起こったか?


自動車保険会社って色々あるけど、同じ人が契約するんだからどこで入っても似たような料金になるんじゃないの??
というのは、今となってはもうだいぶ昔の話。

それまでは、条件が同じであれば保険料もすべて横並びでした。どこで入っても保険料は同じなので、特に自動車保険でそれほど悩む人は多くなかったと思います。

そんなとき、1998年に自動車保険が自由化され、契約条件が同じでも保険料が会社によって全く違う!ということが起こるようになってきました。

同じ条件でも自動車保険料は違います


我が家も今回自動車保険が満期を迎えるにあたり、様々な自動車保険会社で見積りをしてみましたが、全然会社によって保険料は違いました。
高い所では8万円を超えましたが、一番安い保険会社では5万円でした。

損保間でのサービス競争は今後も激化していくと思われますので、利用者の私たちは自己責任で自動車保険会社をしっかり選び、損をしないよう“安さ”そして“安心”を考えつつ自動車保険選びを行っていくべきだと思います。

なぜ保険会社によってそんなに保険料に差がでるのか?

理由その1 電話やインターネットによる通信販売型の自動車保険会社があるため

従来の代理店型の自動車保険会社と比べて、
代理店への手数料が発生しないため保険料がグッと安くなります。
代理店型の自動車保険と通販型自動車保険の保険料の差は、我が家では1~3万円もの差になりました。


理由その2 リスク細分型の自動車保険が増えた

あらかじめ事故を起こすリスクに応じて、契約者を細かく区分けして保険料に反映するのがリスク細分型。

事故発生率が20代は高いためリスクを高く設定したりするなど、年齢の条件やそれ以外にも運転者の範囲設定、走行距離数や使用目的、使用地域、免許の色など、様々な条件により、安全なドライバーの保険料はより安くなります。

私たち利用者は、どうやって自動車保険を選べばいいのか

(1)保険料に格差があるため、しっかりと比較して決めなければいけない

自由化によって会社ごとに、同じ条件でも保険料やサービス内容が全く異なるため、どれを選ぶかにより保険料を大幅に節約できるようになっている。
また、その逆もありきで選び方によっては保険料が高くなり、損をするということもあり得る。


(2)安全なドライバーほど自動車保険料は安くなるため、優良ドライバーを目指す

安全なドライバーほど評価が高く、保険料は安くなり、逆に危険なドライバーほど保険料が高くなっているためその差が広がっています。
無事故を続けること、安全運転を心がけることで等級も上がり保険料はどんどん安くなります。


(3)保険会社を見極めること

競争が激化すると、保険会社の破綻も有り得なくはないことです。
合併や統合を決める保険会社も続出しています。信頼出来る保険会社選びのために、経営状況や株価なども評価に入れる事が大切です。


(4)通販型か、代理店型か

通信販売(ダイレクト型)の自動車保険が増えてきています。
選択するのはこちらですから、互いのメリット・デメリットを考慮して保険会社を決めるべきです。
詳しくは→通販型?それとも一般型?


自分にとって一番安い自動車保険を探す方法 

自動車保険の一括見積りで保険料が57,390円→32,300円に!
25,090円も安くなりました

自動車保険料の一括見積りサービスのなかでも優秀なのが、「保険スクエアbang!」です。
大手損保複数社からの見積りがリアルタイムで表示されます。



利用者数310万人以上と安心の実績があり、見積りは満期日の119日前(約4カ月前)から可能!

もちろん見積りは無料です。我が家もここで自動車保険料が25,090円も安くなりました!
無料一括見積りはここからできます。
我が家の自動車保険一括見積り体験談はこちら


三井ダイレクト ← 前の記事 | 次の記事 → 任意保険って入るべきなの?

このページの上へ

 自動車保険がこうして安くなった!一括見積り体験談
自動車保険を少しでも安くするために!こんな人は安くなります◎
自動車保険選びの際にチェックしておきたいポイント
主婦のきびし~い目線で各自動車保険会社を徹底比較しました
安い自動車保険選びのために、「知る」!
自動車保険コラム
運営者情報
自動車保険を少しでも安くするために!こんな人は安くなります◎
自動車保険選びの際にチェックしておきたいポイント
主婦のきびし~い目線で各自動車保険会社を徹底比較しました
安い自動車保険選びのために、「知る」!
自動車保険コラム
運営者情報