メニュー

子どもが大きくなり、支出が増えるので保険の見直しは必須!


40代になると、子供も成長し学費に塾にと支出が増える時期でもあります。

自動車保険の見直しで、少しでも自動車保険料を減らすことを考えましょう。
基本的にこの年代は、年齢別の事故発生件数を見ても
事故を起こすリスクは少ない時期です。

車両保険は限定補償でもいいかも?

車両保険をつけると保険料は約2倍になります。

40代は運転も慎重になりますし、事故を起こすリスクも低いです。
保険料をとにかく安くしたいんだと考える場合、車両保険を「一般型」にしていたという人は思い切って車両保険をはずすor限定補償に切り替えることを検討してみましょう

限定補償にすると、あて逃げや車以外の物への事故についての損害は保証されなくなりますが、事故発生率から見る限りでは車両保険を限定補償にしても問題無い場合が多いです。
(※我が家は限定補償にしています)

また、免責金額のUPで保険料を節約するという手もあります。


基本的に、車両保険をはずすと保険料は今までの約半額にまで下がる事が多いです。

自分の家庭の条件により、各社保険料は大きく変わっていきます。
見直しをする際、更新の時期には複数の会社に見積りを取り、保険料とサービス内容を比較することが大切です。

自分にとって一番安い自動車保険を探す方法 

自動車保険の一括見積りで保険料が57,390円→32,300円に!
25,090円も安くなりました

自動車保険料の一括見積りサービスのなかでも優秀なのが、「保険スクエアbang!」です。
大手損保複数社からの見積りがリアルタイムで表示されます。



利用者数310万人以上と安心の実績があり、見積りは満期日の119日前(約4カ月前)から可能!

もちろん見積りは無料です。我が家もここで自動車保険料が25,090円も安くなりました!
無料一括見積りはここからできます。
我が家の自動車保険一括見積り体験談はこちら


30歳からの自動車保険選び ← 前の記事 | 次の記事 → 51歳からの自動車保険選び

このページの上へ

 自動車保険がこうして安くなった!一括見積り体験談
自動車保険を少しでも安くするために!こんな人は安くなります◎
自動車保険選びの際にチェックしておきたいポイント
主婦のきびし~い目線で各自動車保険会社を徹底比較しました
安い自動車保険選びのために、「知る」!
自動車保険コラム
運営者情報
自動車保険を少しでも安くするために!こんな人は安くなります◎
自動車保険選びの際にチェックしておきたいポイント
主婦のきびし~い目線で各自動車保険会社を徹底比較しました
安い自動車保険選びのために、「知る」!
自動車保険コラム
運営者情報