メニュー

通常、自動車保険料は保険料控除の対象とはならない


     自動車保険は保険料控除の対象外※特約部分のみ対象となる場合も

毎年の確定申告では、生命保険など各種保険の“保険料控除”が行われますが、通常自動車保険料はこの控除の対象外となっています。

理由としては、自動車は必ず必要な資産だと言えないため、とされています。
ただし例外もあり、所有している車が障害者専用車であるなど、自動車がなければ生活不可能だと所轄の税務署長が判断した場合に限り、保険料控除の対象となることもあるようです。

また、最近増えているいわゆる「特約つきの自動車保険」で、損害保険の特約など特約部分についてのみ、保険料控除の対象となる場合も。

自分が付けている特約が、確定申告時の保険料控除の対象となる場合は、確定申告の時期が近付くと加入している自動車保険の保険会社より、「保険料控除証明書」が送付されます
送られてこない場合は控除の対象とならない契約である、と判断できます。

自分にとって一番安い自動車保険を探す方法 

自動車保険の一括見積りで保険料が57,390円→32,300円に!
25,090円も安くなりました

自動車保険料の一括見積りサービスのなかでも優秀なのが、「保険スクエアbang!」です。
大手損保複数社からの見積りがリアルタイムで表示されます。



利用者数310万人以上と安心の実績があり、見積りは満期日の119日前(約4カ月前)から可能!

もちろん見積りは無料です。我が家もここで自動車保険料が25,090円も安くなりました!
無料一括見積りはここからできます。
我が家の自動車保険一括見積り体験談はこちら


1日だけ入れる自動車保険 ← 前の記事 | 次の記事 → 自動車保険の中途解約について

このページの上へ

 自動車保険がこうして安くなった!一括見積り体験談
自動車保険を少しでも安くするために!こんな人は安くなります◎
自動車保険選びの際にチェックしておきたいポイント
主婦のきびし~い目線で各自動車保険会社を徹底比較しました
安い自動車保険選びのために、「知る」!
自動車保険コラム
運営者情報
自動車保険を少しでも安くするために!こんな人は安くなります◎
自動車保険選びの際にチェックしておきたいポイント
主婦のきびし~い目線で各自動車保険会社を徹底比較しました
安い自動車保険選びのために、「知る」!
自動車保険コラム
運営者情報