メニュー

料率クラスとは、車種ごとに決められた“危険度”

自動車保険の料率クラスとは、車種ごとの保険成績によって決められるものです。
1~9までに分けられていて、1年ごとに見直しが行われます。

この料率クラスで、一番影響があるといわれるのが車両保険にかかる料率クラスです。

車両保険”とは、自分の車が偶然起こった事故によって損害を受けた場合に、
車を修理するためのお金などを保険金として支払ってくれる保険のことです。

車両保険をつけると保険料は確かに高くなるのですが、車に損害を受けずに事故を起こすことは難しいと思うので、修理代金を貯金から捻出できる見通しが無いという人は、入っておくべきだと考えます。

車両クラス 車両保険(100万円あたり)保険料例
58,770円
70,524円
84,620円
101,670円
121,650円
146,330円
175,720円
210,390円
233,900円


車両保険は自分で保険金額を決められるのではなく、まずその車の「時価」によって決められています
例えばうちの場合は、ニッサンのセレナに乗っていますが、H23.7月時点では130~175万の間で設定できる、というような具合に決まっていて、修理代金として200万円を保険金の限度としたいな~・・と思っても無理なわけです。

この「時価」は1年、2年と時間が経過するにつれて下がります。
当然保険金額を130万円にしたときと、175万にしたときでは保険料が変わります。もちろん175万円にした方が通常は高くなります。
ということは、高級車の場合はより車両保険料が高くなります。
この他、車両保険が高いといわれるのが輸入車やスポーツカーです。逆に車両保険が安いのは、小型車やファミリーカー、大衆車です。

この「時価」に加えて、「車両料率クラス」によって保険料はまた変わっていきます。

最初にも書きましたが、
車両料率クラスというのは、車種ごとの保険成績によって(どの車種が事故を起こしたか、いくら保険金の支払いがあったのか・・など)料率クラスで分け、細分化したものです。
この車両料率クラスは1年ごとに見直され、1~9のクラスに分類されています。
車両の時価が同じでも、車両クラスが違えば保険料は違うのです。


上記表のとおり、車両クラス「1」と「9」の違いは、約4倍です。このクラスによって、毎年の保険料が大きく変わります。

同じ車種でも、グレードによって車両クラスが異なることもあります。

車両保険がつけたくて、少しでも自動車保険料を抑えたいと考える人は、車を購入する時点で車両クラスのことまで頭に入っていると一番良いと思うのですが・・・


さすがに最初からそこまで考えて車を買う人は、なかなかいないとおもいますが。汗

自分の車種のクラスは1~9、どこになるのか?これを知ってから車両保険に入るのか、入らないのかを決めても良いかなと思います。

自分にとって一番安い自動車保険を探す方法 

自動車保険の一括見積りで保険料が57,390円→32,300円に!
25,090円も安くなりました

自動車保険料の一括見積りサービスのなかでも優秀なのが、「保険スクエアbang!」です。
大手損保複数社からの見積りがリアルタイムで表示されます。



利用者数310万人以上と安心の実績があり、見積りは満期日の119日前(約4カ月前)から可能!

もちろん見積りは無料です。我が家もここで自動車保険料が25,090円も安くなりました!
無料一括見積りはここからできます。
我が家の自動車保険一括見積り体験談はこちら


自賠責保険を理解しよう ← 前の記事 | 次の記事 → 等級ってなに?

このページの上へ

 自動車保険がこうして安くなった!一括見積り体験談
自動車保険を少しでも安くするために!こんな人は安くなります◎
自動車保険選びの際にチェックしておきたいポイント
主婦のきびし~い目線で各自動車保険会社を徹底比較しました
安い自動車保険選びのために、「知る」!
自動車保険コラム
運営者情報
自動車保険を少しでも安くするために!こんな人は安くなります◎
自動車保険選びの際にチェックしておきたいポイント
主婦のきびし~い目線で各自動車保険会社を徹底比較しました
安い自動車保険選びのために、「知る」!
自動車保険コラム
運営者情報